スポーツと鍼灸・マッサージ・接骨について

初めて当院をご利用される上でスポーツをされていて興味を持った方へ
簡単な施術所の説明を記載しましたのでご参考にして下さい。

接骨とスポーツ

スポーツ現場で、骨折・脱臼・捻挫・打撲などの急性外傷に対して処置と療養を行う事ができます。急性期は患部を冷やし・固定し、回復期は温めて痛めた箇所の組織を回復させる手技療法や電気療法などを加えます。
マホロバ鍼灸院では柔道整復師が対応。怪我をされた場合は詳しい状況をお伝えいただき、なるべく早期の処置が大切です。

鍼灸とスポーツ

怪我の直後は基本的に鍼灸は行ないませんが、回復期には積極的な鍼灸施術を取り入れます。組織への血流改善や鎮痛効果による運動機能が高まり早期の回復につながります。最近では競技に影響が出ないように耳つぼへ鍼を施す事もあります。
鍼灸の鎮痛効果は投薬を上回ることも報告されており、スポーツ選手が積極的に取り入れる事が多くなっています。

マッサージとスポーツ

スポーツの試合直後や試合前の追い込みなどで疲弊した身体を回復させる手段として有効です。マッサージといっても詳しく分類すると、指で圧力を加える(指圧)指や手掌でもみほぐす(あん摩)滑剤・クリームなどを使用して血液還流を促す(マッサージ)を行います。

スポーツで怪我をした時、怪我からの回復を目指す時、メンテナンスを行なって最高のパフォーマンスを発揮したい時は接骨・鍼灸・マッサージを利用することをお勧めします。そしてこれらは厚生労働省の定める国家資格者(免許保有者)が施し、安全な手技を提供しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です