こむら返りの訴えが多いこの頃・・・

こむら返り起こっていませんか?

この時期、足の痙攣(こむら返り)にみまわれ夜に痛みで悶絶される方をよくみます。

「あれはなんじゃろか?」(十津川弁)

という質問を受けますので原因や予防についてお伝えします。
原因はいくつか考えられていますが代表的なものを挙げてみました。

①冷え
足が冷えると血流不足になり、筋肉を収縮して血液を循環させようとする為、勝手に筋肉が収縮してこむら返りが起こる。

②ミネラルや水分の不足
ミネラルカルシウムやナトリウム、カリウムと言った物。これは神経の働きに関係するのでバランスが崩れると異常な反応をしてしまう。

また、水分不足が起こると栄養不足や老廃物の排出が上手くいかず筋肉が過剰に緊張します。

③疲労
筋肉疲労によって筋肉を収縮させる機能に異常を来したりします。

といった様な原因が隠れている場合が多いです。

対処と予防

まず、足の痙攣が起こった時は直ぐに固まっている筋肉をストレッチしましょう。「イテテテ!」と言いながらでも我慢せずにストレッチして伸ばす事が大切です!予防については原因をヒントとして何を改善すれば良いのか考えることが重要です。

①鍼灸やマッサージ
予防策としてこれはおススメです!

具体的に、マッサージは循環改善に1番手っ取り早く効果を出せる手法だと思います。セルフマッサージでも良いですが、完全脱力したマッサージ師による施術の方が効果的でしょう。

鍼灸は温熱刺激にて身体を温める効果や自立神経へのアプローチにより血流の改善が期待できます。

また、鍼に通電して足の筋肉を収縮させることによってより強力に血流の循環させる方法もあります。

②足湯や入浴
これから暑くなる季節。
寝ている間に足が冷えてしまったり、クーラーで冷やされたり。
冷えは万病の元。。なるべく冷えない様対策を練る必要があります。

③栄養摂取や水分補給を学ぶ
原因として挙げたようにこむら返りは水分やミネラルの不足も関与するため注意が必要です。

・夏場の運動時
約30分に一回は水分補給と塩分の補給。最近は塩熱サプリなど塩分以外の栄養素を補給できるものもあるので活用しましょう。また、熱中症対策水を利用するのも良いでしょう。

・飲酒で水分補給はダメ
これは間違った方法。アルコールは利尿作用があるので体から水分を外に出す作用があります。

また緑茶紅茶コーヒーもカフェインによる利尿作用により水分不足を招く場合があるので要注意です。


当院では夏場でも足湯を活用した施術メニューを考案中です!
しかも♨温泉♨を利用した足湯^^
マホロバ鍼灸院のみで受けることができます。

体験してみたい方!!
メニュー開始に先がけて、
写真撮影・コメントなどご協力頂ける方の
体験を
6月中限定5名様まで無料お試し頂けます。

『ホームページを見ました〜』

とご連絡をお願い致します。
お時間などはこちらでのご指定となりますのでご了承ください。


“マホロバ鍼灸院”の公式LINE@

当院からの情報をお届けします。下記のリンクから友だち追加してみてください。施術内容やご自身の健康についても気軽にご相談下さい!施術予約も可能。

https://line.me/R/ti/p/%40kqg8945u

“マホロバ鍼灸院”ホームページ”
空き情報などはメニューの予約ページより確認可能。
鍼灸・ほねつぎ・マッサージで健康により良い人生を!

http://tougenkyou.sakura.ne.jp/tougenkyou89/

マホロバ鍼灸院
鍼灸・美容鍼灸・スポーツ鍼灸・マッサージ・整骨
初検料 ¥1500(インターネット予約・ご紹介者様有り➡︎無料)
施術料 一般¥5000~ 学生¥3000~
(税別)

電話予約可 0744-29-6044

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です