第3回ロコモ予防教室(十津川村高森の家)を開催します

シリーズ第3回目の教室

地元の方々、特に高齢者を対象とした転倒予防、ロコモ予防教室が7月14日午前9時半より十津川村猿飼、高森の家にて開催されます。定員は15名ですが既に20名近くの応募があり満員御礼との事。
健康に興味のある皆さんが集まって共に学び、健康寿命を全うすべく勉強会と運動療法について講演をさせていただきます。

お題は骨粗鬆症について

身体の老化と共に徐々に背が縮んできた、慢性的な腰痛が気になるなどの訴えをよく聞きますが、その原因には骨粗鬆症による骨の変形などが隠れていることも少なくありません。また骨粗鬆症は骨折しやすくなるなるのでロコモ予防に必要不可欠な運動療法と食事療法、骨粗鬆症を予防する知識と運動法について学びます。
運動療法ではストレッチや筋力トレーニングなどをマット上で行います。できるだけ皆さんのフォームをチェックして正しい運動ができるようにご指導させていただきたいと思います。

いつまでも健やかに元気で生活できますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です